株式会社システムジャパン

TOP > 採用FAQ・現場の声 > Q1 営業職

回答者:
H.S.
営業部(管理職)
1997年度 新卒入社

お客様との厚い信頼と深いつながりを日々実感。

私たち営業職のお客様1社1社とのおつきあいは、永く、深く、濃くなります。私自身も入社以来、十数年にわたっておつきあいいただいている会社があります。社長の代が変わってもおつきあいが続いている会社もあり、厚い信頼と深いつながりを日々実感できることが、当社で営業活動に取り組む醍醐味だと思います。
しかし、新たに顧客となっていただくことは容易ではありません。飛び込みで訪問したらすぐに契約してもらえた、なんてことはまずありません。お客様の大切な顧客管理データや売上データなど重要な情報を扱うことになるシステムですから、製品の良し悪しよりまずは信頼を得る必要があります。

よきパートナーとなるべく IT に加え当社の人材力を提供。お客様の 声を他部門にフィードバックし、協働して顧客満足に向き合う。

当社では自動車整備・鈑金事業者様を対象にしたシステムを開発・販売しています。単に事務処理を効率化するためのものではありません。経営上の課題解決や業績向上への戦略を担うパートナーにもなるシステムです。
当社の製品(サービス)は販売したら終わりではなく、販売してからが本当のスタートともいえます。契約の特徴として、システムには数年間の契約期間が設定されています。その期間に、当社のシステムの価値を実感していただけるかどうか、そして満足いただけるかどうかで、次の契約を勝ち取れるかどうかが決まるのです。私たち営業職の対応は、満足度を大きく左右します。IT技術に加え、人材力を提供する。お客様の声をダイレクトに伺い、開発にフィードバックする。この体制こそが、当社の強みです。

数年に一度しかない「契約」へのチャンス。
その時へ向けて、準備を積み上げ続ける。

訪問すると、最初はほとんど断られます。断られたとしても、一つの情報をいただいたと考え、次に生かすことが大事です。競合他社のシステムにも契約期間があります。他社システムを使用中の会社に、当社のシステムへと切り替えていただくチャンスは、数年に一度しかないわけです。大切なのはそのチャンスに向けて、訪問を重ね、信頼を少しずつ獲得し積み上げ、情報を得て提案し続けることです。こういった地道な人間関係づくりが、数年後に花を咲かせる。そんな仕事です。大変ではありますが、契約を取れた瞬間のよろこびで、その苦労はすべて報われます。そして「ここからが本当のスタート!」と気持ちを引き締め直し、新たなおつきあいが始まるのです。

他社から切り替えていただいた直後には「前のシステムの操作に慣れていたのに」「手間が増えた気がする」といったご不満の声が、現場で使用される方から出ることもあります。そのようなときは「こういう目的でこの作業が必要なんです。手間は少し増えますが、1ヶ月、1年と経つうちにもっと大きな効果となって返ってきます」と丁寧に説明してご理解いただいています。最終的に「言っていた通りの効果が出たよ!ありがとう!」と目をキラキラさせながら話していただく姿を見ると本当に感慨深く、思いはいつか伝わるものと実感します。

今後の目標は、後輩・若手を育てること。営業職では様々な経歴の持ち主が活躍。自動車やITの知識は入社後、十分カバーできます。

今後の目標は、後輩を育てていくこと。若手が育つ為に、これまでの経験を通じて身につけた手法も伝えていきたいと考えています。また営業経験が豊富な人に入社していただいて、私たちにプレッシャーを与えてくれるような活躍をしていただけると、営業部門により活気が出ると思います。前の職場で培った営業スキルは継続して生かしていただけると思います。

前職がディーラーで整備を担当していた人、コンピュータ関連の営業をしていた人、別の分野で営業をしていた人など、さまざまな経歴の持ち主が中途採用で入社され活躍しています。自動車業界やパソコンについての知識のない方も入社してから学べるので安心してください。経営者を相手に話をするのが基本の仕事なので対人関係が苦手でないこと、また、何年もの時間をかけて成果を追求していく仕事なので地道にこつこつとがんばれることが大事です。みんなで支援するので、成果を出せたときのよろこびをぜひ一緒に味わいましょう!

営業職

Q1. 営業職って難しい?
Q2. そもそも採用対象になりますか?
Q3. SJ社ではどんな働き方?

サポート職

Q4. 新人の支援制度はありますか?
Q5. 顧客ケアってどんな仕事?

開発職

Q6. 開発職?プログラマー?SE?
Q7. 専門知識がいるのでは?